環境活動environment

レジ袋の廃止実験

三和は町田市とレジ袋全廃運動を進めるNPO法人「町田発・ゼロ・ウェイストの会」と3者で「レジ袋廃止実験に関する協定」を結び、レジ袋の製造や焼却の際に発生する二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、2008年3月14日よりスーパー三和小山田店にて全国で初めてレジ袋廃止実験に取り組んでいます。

古紙+PETボトル回収システム

フードワンから始まる、「あたらしい」リサイクルシステム

日本初!!交通系ICカードを使ってポイントがためられる。

ご自宅に溜まっている空きPETボトルや古紙(古新聞・古雑誌・チラシなど)を、回収機を使ってリサイクルすることで、お持ちの交通系ICカード、またはオリジナルポイントカードにポイントがためられます。
エコポイントの合計が1000ポイントたまると、当店で使えるお買い物券(100円)に交換できます。

平成22年11月9日よりフードワン森野店で実施しています。

フードワンから始まる、「あたらしい」リサイクルシステム

エベレスト・富士山清掃活動への支援

野口 健さん

世界的なアルピニスト・野口 健さんがエベレスト・富士山で取り組んでいる清掃活動に日本食を提供するなど、さまざまな支援を行っています。

東京都「地球温暖化対策報告書精度」に基づく公表

東京都「地球温暖化報告書制度」とは

平成20年7月に環境確保条例が改正され、地球温暖化対策計画書(総量削減義務)の対象外である中小規模事業所を都内に設置する全ての事業者の方々が、簡単にCO2排出量を把握でき、具体的な省エネルギー対策に取り組むことができるよう、事業所等ごとのエネルギー使用量や省エネ対策等の実施状況を東京都へ報告する「地球温暖化対策報告書制度」が創設されました。
この制度では、同一事業者が都内に設置する複数の事業所等で使用するエネルギー(電器・ガス・燃料など)の量が合算して原油換算で年間3,000kL以上になった場合については、本社等が各事業所等ごとの省エネルギー対策の取組状況等を記載した報告書をとりまとめて提出することが義務付けられます(東京都環境局ホームページより)

東京都環境局

事業者内容

事業者番号 A2389
事業者名 株式会社三和